銀行系カードローンの利子率の比較について

銀行系カードローンの利子率の比較について

銀行系カードローンの利子率は、法律の範囲に則って金融機関が各々決定することになります。

 

少額融資の場合には、一定以上の金銭を融資できない傾向にあるため、
カードローンではどこの銀行系であっても最大の利子は18%を上限としていることが多いです。

 

もちろん、これは最大で18%の利子が必要になることを意味しているだけなので、
銀行によってはさらに低い金利を設定している会社もあります。

 

この利子の上限を決定しているのは、利息に関する法律です。

 

少額融資の場合には例外なく貸金業法の適用がありますので、お金を借りやすい状況にあり、
利息に関しても必ず利息制限法という法律によって統一されることになっています。

 

銀行系のカードローンと言っても少額融資を提供している会社はそのグループに入っている
消費者金融であることがほとんどであるため、審査の基準もそれに従っており、お金を借りやすいのです。

 

銀行のカードローンで審査が厳しくなるのは、融資の金額が大きくなるときだけです。

 

目安としては100万円以上のお金を借りるときだけで、それ未満のお金に関しては
利子に関しても全て貸金と同じ法体系によってサービスが提供されることを知っておく必要があります。

銀行系カードローンとサラ金の違い

いろんな貸金業者がありますので、どこの貸金業者で申し込みをすればよいのか?悩んでしまう人もいます。

 

貸金業者の種類として銀行系ローンやサラ金といった種類があり、
お金を借りやすいまたは金利が高いというメリットとデメリットが存在しています。

 

大切なのは、自分がお金を借りるためにどのようなことを望んでいるかを
はっきりすることでどちらを選べばいいか?はっきりします。

 

通常銀行系というのは金利が安いけれど審査が厳しい、そしてサラ金の通称で
親しまれている消費者金融は金利が高いけれど審査は緩いという特徴を持っています。

 

お金を借りやすいことを重視している人であれば、審査が緩い消費者金融がおすすめということになるでしょう。

 

しかし金利という面もお金を借りるのであれば考慮する必要があります。
よくお金を借りる時に聞かれる計画的な借入をしないと返済に困ることになりますので、金利を考えるようにしてください。

 

また銀行系とサラ金の違いとして即日融資も挙げられます。

 

どちらかといえばサラ金のほうが即日融資を実行しやすい傾向があります。

 

これが審査が厳しい銀行は、結果ができるまでに時間がかかるという理由もあり、
即日融資はサラ金が強いと言えるでしょう。

通院費としてキャッシングを利用した体験談(男性/60代)

体調を崩して、現在は通院中です。

 

病気になると、診察だけでなく検査代や薬代と色々とお金がかかります。
特に検査は、最新機器を使用するので検査代もかなりの高額になります。

 

そして、通院が長くなると医療費もそれだけ負担が大きくなります。

 

また、検査があるのでその費用としてキャッシングを利用するつもりです。
ただ、今はたくさんの会社があるのでどこがいいのか迷います。

 

それで、キャッシングの口コミを調べてみました。

 

やはり、実際に体験した人の口コミは説得力があります。
それで、一番よかったこちらのローン会社のキャッシングを利用することに決めました。

 

実際に、自分がしてみると口コミのように親切でわかりやすく説明してもらえ納得できました。

 

少額からでも、キャッシングができるのは有難いし助かります。
一度に、たくさん借りるのは少し恐いから必要な額だけを貸してもらえると返済も楽になります。

 

まだ、当分通院はあるので足りない時は利用します。